モテる男とモテない男の違いとは?女性の本音を理解しモテる男になる方法

menu

恋愛心理研究所 | 女性を落とすモテる男のテクニック

女性の言ってること、それ本当に本音?

モテ会話マスタープログラム 会話力ゼロから駆け上がる!2万人の男性が絶賛

男性からすれば女性は得てしてガードが固い生き物だと思われることが多いですが、そんな中での女性の本音をご存じでしょうか?

確かに本当に警戒心が強く、ガードの固い女性もいますが、すべての女性がそうだというわけではありません

女性は本音と建前をうまく使い分けます。

男性であればまったく気にするような部分でなくとも気にしてしまうのが女性です。

女性の本音と建前

具体的にどういったことが言えるかと言うと、初デートで自宅やホテルに誘ったとしましょう。

大抵こうした時に女性は一度拒否するか、どうしようかなと考える素振りをします。

これは自分がそんな簡単に付いていくような軽い女ではないということをアピールしたいからです。

男性にはあまりこうした考えはないでしょうが、女性は優秀な雄の遺伝子を残すということを本能的に持っていますので、自分の価値を下げてしまうような行動には抵抗を感じるわけです。

自分の価値が下がれば、優秀な雄を捕まえることができなくなってしまう可能性がありますから、これは当然と言えば当然ですね。

ただ、そうは言ってもあくまでそれは本能的に持っているもので、実際には付いていきたい…という気持ちがあります。

ですから、一度拒否をしたり考える振りをするなど、男性からしたら回りくどい態度を取るのです。

特に女性はこうした時に言い訳を求めます。

その言い訳というのは「強引に迫られたから」や「お酒が入っていたから」など、自分の直接的な落ち度ではなく、あくまで自分以外の何かしらの要因によってそうなったという言い訳を欲しがるんです。

こうしたことをわかっていない男性はせっかく誘ったのに「やっぱりダメだった…」と諦めてしまう場合があります。

女性としては少し強引なくらいに誘ってほしいと思っているのに、その建前を真に受けて引いてしまうのです。

そうなってしまうと女性からは

「女心のわからない人」

と判断され、その後の関係構築に大きな支障となってしまいます。

そうならないためにも女性の本音を理解し、女性は自分の価値を下げないための建前を使うものだということを理解しておきましょう。

【出会いの数 = 恋愛経験値】⇒モテるには出会いを増やす

出会いの数が多い男性、女性ほどモテるという理論がありますが、これは間違いありません。勘違いしないで欲しいのは「モテるから出会いが多い」のではなく、「出会いが多いからモテる」という事です。

でも私生活の中で出会いが少ない…という方は非常に多いかと思います。
そうした出会いの少なさを補う為にも当サイトでは以下のアプリをおすすめしています。

Pairs

⇒Pairsの詳細はこちらから

今やマッチングアプリを使った出会いは、職場での出会いに次いで2番目に多い出会いの場となっています。

その中でも特に「信頼性」と「出会いやすさ」が抜群のアプリはPairs。 国内では恋活、婚活系のマッチングアプリとして実績はNo.1で、最も出会いに強いアプリとなっています。

  • ブランディングから真剣な恋人募集が多い
  • 毎日5,000人を超える登録があり、累計は800万人以上
  • 10万を超えるアプリ内コミュニティが存在

「日頃出会いが少ない…」「理想はあるけど、それに近い異性が傍にいない…」「もっとモテるようになりたい…」

もし、そんな気持ちを少しでも持っているならぜひ試してみてください。
あなたにとっての素敵な相手がきっと出会いを待っています。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ランキング投票にご協力して頂けたら幸いです

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

素敵な出会いを探したいなら…


スポンサードリンク