モテる男とモテない男の違いとは?女性の本音を理解しモテる男になる方法

menu

恋愛心理研究所 | 女性を落とすモテる男のテクニック

初デートで失敗しない為の3つの注意点

今日は意中の女性との初めてのデート、さぁ気合いを入れて…と、最初のデートは自然と気合いが入るものですよね。

ただ、そんなデートも後になってかえって女性との距離が広がってしまったという経験はあるでしょうか?

男性に限らずですが初デートはどうしても気合いが入りすぎてしまい、致命的な失敗をしてしまうということがよくあります。

せっかくのデートを台無しにしないために男性が初めてのデートで気をつけたいことをまとめました。

身だしなみ

これはいわずもがなというところでしょうけど、モテない男性は案外見落としてしまっている点というものがあります。

それはどういった部分でしょうか?

答えは爪です

初めてのデートで服装や髪形にはしっかりと気を使うのに、爪が伸びていたり、汚れていたりと残念なことが多々あります。

確かに服装や髪形も大事なのですが、女性から見て爪が汚い人というのは大きなマイナス点です。

女性はかなりの割合で好感を抱く部分として清潔感という答えをあげます。爪はまさにその清潔感を表す部分ですので、デート前にはしっかりと手入れをしましょう。

会話の内容

初デートで「ちゃんと話ができなかった」と後悔をする人は多いでしょう。

確かに実際のデートとなると緊張してしまい話そうと思ってたことを話せなくなってしまうということはあります。

特に問題なのは緊張のあまり会話だけではなく、表情も固くなってしまうことです。

もし会話が上手くできないのなら、せめて笑顔を保てるように心がけてください

仮に無言であっても、無愛想な人よりは笑顔の人と一緒にいたほうが楽しいものです。

もちろん、そこにある程度の会話ができればベストですが、それが難しいという人は常に笑顔でいるということを意識してみるといいでしょう。

デートの時間

これは特に恋愛経験の少ない男性がやってしまいがちなパターンですが、初めてのデートで完璧に女性をエスコートできる自信がないのなら、デートする時間は短めに設定しましょう

例えばディナーだけでもいいですし、ランチのあと軽くショッピングをする程度で十分です。

最初から丸一日のデートとなると女性の負担も大きくなりますし、なにより初回のデートで緊張をしている分、気を使い余計な疲れが出てしまいます。

デート中に疲れを感じてしまうのはかなり危険です。

人はどうしても疲れると無愛想になり、相手への気が回らなくなります。

これは女性をエスコートするべき男性からすると大きなマイナス点ですね。

それならば、最初から短い時間で設定をしたほうが、デートの段取りも組みやすいですし、エスコートもしやすくなります。

デートと言っても最初から気合いを入れすぎず、まずは軽く食事だけという気持ちで臨むほうが誘われた女性側も身構えずに、結果いい印象でデートを終えることができるでしょう。

大事なことは常に自然体でいること

緊張しすぎのデートなんてお互いに楽しくはありませんよね?そうならないためにも、無理をせず、まずは自分が楽しもうという気持ちを持つことが大切です。

====おすすめの恋愛商材====

出会いの数×恋愛経験値=モテる男

当ブログではモテる男になる為の恋愛ノウハウをお伝えしていますが、知識や理屈だけで女性からモテるようになるという事はありません。知識を得た上で、更にそれを経験することで自分自身のスキルとなります。モテる男はモテない男の10倍や100倍の出会いを経験し、その中で自分のスキルを磨いていきます。つまり「出会いの数=モテ男指数」と言っていいでしょう。

効率型出会い量産法美女遭遇メソッド じゃんじゃん美女と出会えてしまう5つ+αの方法

この教材は女性と出会うこと、その中でも特に美しい女性と出会う為の方法について書かれています。美しい女性と出会うことはモテる為には必須です。何故なら、大抵の男性は美しい女性には耐性がなく、そこそこモテる男でも美しい女性の前ではモテない男となってしまうからです。名前は少々怪しいですが、経験を積み、モテる男を目指すのなら一度目を通して損はありませんよ。

========================

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ランキング投票にご協力して頂けたら幸いです

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


~本当に価値ある恋愛講座~
あなたはいつまでも行き当たりばったりの
「ギャンブル告白」を続けたいですか?
それとも、ほんの少しだけ頭を使って、
「ひとこと告白」で恋人を作りたいですか?


スポンサードリンク