モテる男とモテない男の違いとは?女性の本音を理解しモテる男になる方法

menu

恋愛心理研究所 | 女性を落とすモテる男のテクニック

ローキックのように効いてくる!気遣いで女を落とす方法

みなさんは格闘技などはご覧になりますか?

格闘技にはローキックというものがありますが、これは一撃必殺というものではなく、徐々に相手にダメージを蓄積させダウンやKOを狙う足技ですが、女性への気遣いというのはまさにこのローキックそのものです。

気遣いとはそれをしたからといって一発で女性を落とせるものではありませんが、その気遣いが女性の中で蓄積し、気付いた時には好きになっていたと思わせる効果があります。

まさにローキックの如き気遣いを見せることで女性を落とす方法をみていきましょう。

女性が喜ぶ気遣いとは?

一口に気遣いと言っても様々なものがあります。

重い物を持ってあげる、悩みを聞いてあげる、変化に気づいてあげるなど、挙げればかなり多くのものが出てくると思います。

モテる男というのはこうした気遣いを当たり前のようにさらっとこなし、それが特別なことではなく女性に対する接し方として当然のことになっています。

例えばよく女性がキュンとすると言われている「さりげなく男性が車道側を歩く」ですが、これはどうでしょう?

男性の中にはこうした知識を持っていても、いざとなるとできなくなってしまうという方が非常に多いです。

それはどうしてなのかというと緊張もあるでしょうが、一番多いのは上手くできないと思ってそのまま何もしないで見過ごしてしまうからです。

ですが、それは本当に勿体ないことなのでこうした経験がある人は考えを改めてください。

こうした気遣いは自然にスマートにこなす必要はありません。

女性にとって気遣いを自然に行うということは勿論プラスになりますが、人によっては女慣れしていると思われてかえってマイナスになることもあります。

むしろ慣れておらず、たどたどしくも気遣いをしてくれたことに対し「本当に自分のことを考えてしてくれているんだ」と、逆に大きなプラスの印象を与えることもあるのです。

ですから、見過ごすようなことはせず、そうした場面に出くわしたら勇気を出し行動することを心掛けるようにしましょう。

気遣いが大切な理由

気遣いとは女性にとって「いつでも君のことを気にしているよ」という意味合いで行うものです。

女性は常に自分を見ていてほしい、気にしてほしいと考える生き物ですので、こうした気遣いを積み重ねることで「この人はいつも私のことを気にしてくれている」というプラスの感情を育てることに繋がります。

鈍感な男性は女性が髪を切ろうが染めようがまったく気づかないということもありますし、気がついても恥ずかしくて言えないということもあるでしょう。

こうした場合でも物怖じせずに、「髪切ったんだね」だけでもいいので伝えましょう。確実に女性のあなたに対する印象は変わります。

女性は男性が思っている以上に毎日変化がありますし、細かいところで男性を意識しています。
このような気遣いを続けていくことで、必ず好感が蓄積していきますのでそれで落とすまではいかずとも、親密な関係になることは容易です。

まずモテる為に女性と仲良くなろうと考えるなら、女性への気遣いへの意識を高めることがその近道になるでしょう。

====おすすめの恋愛商材====

出会いの数×恋愛経験値=モテる男

当ブログではモテる男になる為の恋愛ノウハウをお伝えしていますが、知識や理屈だけで女性からモテるようになるという事はありません。知識を得た上で、更にそれを経験することで自分自身のスキルとなります。モテる男はモテない男の10倍や100倍の出会いを経験し、その中で自分のスキルを磨いていきます。つまり「出会いの数=モテ男指数」と言っていいでしょう。

効率型出会い量産法美女遭遇メソッド じゃんじゃん美女と出会えてしまう5つ+αの方法

この教材は女性と出会うこと、その中でも特に美しい女性と出会う為の方法について書かれています。美しい女性と出会うことはモテる為には必須です。何故なら、大抵の男性は美しい女性には耐性がなく、そこそこモテる男でも美しい女性の前ではモテない男となってしまうからです。名前は少々怪しいですが、経験を積み、モテる男を目指すのなら一度目を通して損はありませんよ。

========================

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ランキング投票にご協力して頂けたら幸いです

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


~本当に価値ある恋愛講座~
あなたはいつまでも行き当たりばったりの
「ギャンブル告白」を続けたいですか?
それとも、ほんの少しだけ頭を使って、
「ひとこと告白」で恋人を作りたいですか?


スポンサードリンク