モテる男とモテない男の違いとは?女性の本音を理解しモテる男になる方法

menu

恋愛心理研究所 | 女性を落とすモテる男のテクニック

女を落とそうと頑張っている時、女は落ちない

今回はのタイトルはまるで根底を覆してしまうようなタイトルですが、これは今までモテてこなかった男性が頑張って女性を落とそうとしている時は落ちにくいという意味です。

もちろん頑張ることは無駄ではありませんし、努力なしにモテる人間なんてほんの極一部です。

では、どうして頑張っている時に落ちにくいと言われるのか、解説していきます。

モテない男の努力は空回りになることが多い

まず最初に女性を落とそうと頑張るモテない男性の典型パターンを紹介します。

落とそうという気持ちが大きくなりすぎて空回りになってしまっているパターンです。女性を落とそうとしたことのある男性なら誰でも一度はそう考えたことがあるのではないでしょうか。

これは女性を落とそう落とそうと考える中で自分の気持ちのみがどんどんと大きくなり、女性との間に差が生まれてしまうことに原因があります。

そして、そのように夢中になっている時、男性はこの事に気が付きにくいのです。

モテる男はある程度アプローチを掛けて、落ちにくいなと判断したら必ずそこで一歩引きます。
モテない男はそれができませんので、一方的な気持ちが増々大きくなり結果として空回りとなってしまいます。

このような状態の時には女性は落ちないものです。

でも、その時に冷静に考えて「頑張るのをやめた途端に女性が落ちる」ということが実際にあるのです。

結果を見れば頑張らなくなったことで、恋愛駆け引きで言うところの引いた状態になり、女性の気持ちを動かすことに成功したということです。

このように頑張っている時に落ちにくいというのは、空回りをしてしまうことが原因の一つでしょう。

相手や自分、周りが見えなくなる

物事はなんでもそうですが、熱中すると周りが見えなくなってしまいます。卓越した技術などはそうした中から生まれてくるものかも知れませんが、女性を落とすということは自分ではなく相手の感情を動かすという事です。

つまり熱中することで相手のことではなく、自分のことばかりを考えてしまっているということになります。

すごく好きな人ができて、その相手との会話を想像するようなことはあるでしょうか?特に片思い中の男性はその想像の中で、今度会ったらこんなことを言ってみよう、こんな話をしたら盛り上がるんじゃないか…と全て自分発信の行動や言動で考えているはずです。

これは相手のことを考えているように見えて、実は全て自分を相手に押し付けるだけのアピールでしかありません。相手のことを考えるならば、女性の話を聞いてあげて、女性が喜ぶことを考えてあげるべきです。

ですが、夢中になることで知らないうちに全てが自分中心で物事を考えるようになってしまい、女性に対してのアピールをしても効果が薄く落ちにくい状態を作ってしまいます。

そうならない為にも自分が喜ぶことではなく、落としたい女性がどうしたら喜んでくれるのかということを念頭に置き行動をしていくことが大切です。

このように頑張りすぎている状態の時には空回りをし、大事なことを見失ってしまいがちです。
冷静になり客観的に考えられるようになれば、女性を次々に落としていくモテ男に確実に一歩近づけるでしょう。

====おすすめの恋愛商材====

出会いの数×恋愛経験値=モテる男

当ブログではモテる男になる為の恋愛ノウハウをお伝えしていますが、知識や理屈だけで女性からモテるようになるという事はありません。知識を得た上で、更にそれを経験することで自分自身のスキルとなります。モテる男はモテない男の10倍や100倍の出会いを経験し、その中で自分のスキルを磨いていきます。つまり「出会いの数=モテ男指数」と言っていいでしょう。

効率型出会い量産法美女遭遇メソッド じゃんじゃん美女と出会えてしまう5つ+αの方法

この教材は女性と出会うこと、その中でも特に美しい女性と出会う為の方法について書かれています。美しい女性と出会うことはモテる為には必須です。何故なら、大抵の男性は美しい女性には耐性がなく、そこそこモテる男でも美しい女性の前ではモテない男となってしまうからです。名前は少々怪しいですが、経験を積み、モテる男を目指すのなら一度目を通して損はありませんよ。

========================

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ランキング投票にご協力して頂けたら幸いです

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


~本当に価値ある恋愛講座~
あなたはいつまでも行き当たりばったりの
「ギャンブル告白」を続けたいですか?
それとも、ほんの少しだけ頭を使って、
「ひとこと告白」で恋人を作りたいですか?


スポンサードリンク