モテる男とモテない男の違いとは?女性の本音を理解しモテる男になる方法

menu

恋愛心理研究所 | 女性を落とすモテる男のテクニック

女性にモテる男は上手に母性をくすぐる

モテ会話マスタープログラム 会話力ゼロから駆け上がる!2万人の男性が絶賛

まず初めに一つ質問をします。

「完璧になんでもそつなくこなす男」

「デキる男ではあるけど、どこか抜けているところがある男」

この二人の男性がいた場合、どちらのほうが女性にモテると思いますか?

正解は「デキる男ではあるけど、どこか抜けているところがある男」です。

男性は特に好きな女性の前では完璧を求めます。ですが、これは恋愛感情を煽る上ではあまりいいとは言えません。

女性は完璧な男性にはあまり魅力を感じない、もしくは完璧すぎる男性を前にすると「この人に私は必要ないな」と思われてしまいます。

女性にこう思わせてしまう原因は何かと言うと、それが恋愛における「女性の母性」というものです。

母性をくすぐる事で得られる心理的効果

母性をくすぐることは恋愛においては大きなプラスとなります。

これは上で挙げたように女性はあまりに完璧すぎる男性を前にすると自分は必要ないと考えてしまうことにあります。

女性というのは本来子供を産み育てることが目的の生き物です。

当然赤ちゃんには母親が必要ですよね?母親なしで勝手に赤ちゃんが育つということはあり得ません。

女性はそこに自分の存在意義を感じるのです。

それは恋愛においても顕著で、「この人は自分がいないとダメなんだ」「この人には自分が必要だと」と思えない相手では自分の存在意義を感じられません。

ですから、完璧になんでもこなしてしまう男性に対してはあまり魅力を感じず、自分は必要ないと考えてしまうということです。

逆に普段は頼りになるけど、どこか抜けていている部分がある男性に対しては「私がそこを補ってあげたい」という母親が赤ちゃんに対して思う感情にも似た感情を抱くことがあります。

こうした時に女性は存在意義を感じ「この人には自分が必要だ」「自分が傍にいてあげないといけない」といった気持ちが芽生え、男性に対して一緒にいたいという恋愛感情へと変わっていくのです。

これが母性がくすぐられているという状態です。

うまく母性をくすぐる方法

では実際にどう母性をくすぐればいいのかということですが、これは男性にはない感情ですので勘違いをしてしまっている方が非常に多いかと思います。

赤ちゃんや子供などは無条件に自分よりも弱い存在ですので、そうした存在には自然と母性が生まれますが男性は基本的には女性よりも強い存在ですから、ただ弱さを見せ甘えるだけでは「単なる弱い男」として認識されてしまいます。

男性が恋愛対象として上手く母性をくすぐるためには、あくまでそうした一面も持っているという事を女性に見せることが大切です。

普段弱音を一切吐かない男性が二人きりだと少しだけ弱音を漏らすや、いつもキリっとしている男性が寝起きでぼーっとしている姿などは母性をくすぐる鉄板ネタと言っていいでしょう。

そして何よりテクニックとして重宝できるものが「女性に頼る」ということです。

もちろんこれも常に頼るということではなく、普段は頼れる男のはずの男性が不意に女性を頼りにすることで、その女性の母性をくすぐることができます。

モテる男はこうした母性のくすぐり方をよく知っています。食事の際などもわざと少年のように無邪気に食べている姿を見せるなど、狙って母性をくすぐっているということですね。

ただ、これはある程度関係性ができあがった上で使用できるテクニックですので、使いどころを間違えないよう注意しましょう。

【出会いの数 = 恋愛経験値】⇒モテるには出会いを増やす

出会いの数が多い男性、女性ほどモテるという理論がありますが、これは間違いありません。勘違いしないで欲しいのは「モテるから出会いが多い」のではなく、「出会いが多いからモテる」という事です。

でも私生活の中で出会いが少ない…という方は非常に多いかと思います。
そうした出会いの少なさを補う為にも当サイトでは以下のアプリをおすすめしています。

Pairs

⇒Pairsの詳細はこちらから

今やマッチングアプリを使った出会いは、職場での出会いに次いで2番目に多い出会いの場となっています。

その中でも特に「信頼性」と「出会いやすさ」が抜群のアプリはPairs。 国内では恋活、婚活系のマッチングアプリとして実績はNo.1で、最も出会いに強いアプリとなっています。

  • ブランディングから真剣な恋人募集が多い
  • 毎日5,000人を超える登録があり、累計は800万人以上
  • 10万を超えるアプリ内コミュニティが存在

「日頃出会いが少ない…」「理想はあるけど、それに近い異性が傍にいない…」「もっとモテるようになりたい…」

もし、そんな気持ちを少しでも持っているならぜひ試してみてください。
あなたにとっての素敵な相手がきっと出会いを待っています。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ランキング投票にご協力して頂けたら幸いです

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

素敵な出会いを探したいなら…


スポンサードリンク