モテる男とモテない男の違いとは?女性の本音を理解しモテる男になる方法

menu

恋愛心理研究所 | 女性を落とすモテる男のテクニック

レディファーストができる男は自然とモテる

モテ会話マスタープログラム 会話力ゼロから駆け上がる!2万人の男性が絶賛

みなさんは普段女性に対して「レディファースト」を率先して行っているでしょうか?

女性をエスコートする上で欠かせないのがレディファーストですが、日本人の男性は全般的にレディファーストが得意ではないと言われています

レディファーストという言葉で勘違いをされてしまいそうですが、なんでも女性を優先させてあげるということだけではありません。
女性を丁重に扱うという意味もあり、モテる男はこうしたレディファーストが日常的な行動となり身についています。

特に女性は気遣いのできる男性を好むものです。その気遣いの一つとしてレディファーストが挙げられますので、身につけておいて損はありません。

レディファーストの具体例

■荷物を持ってあげる

女性は必ずバッグなどを持っているものですが、デート中に買い物をなどをして両手がふさがってしまう場合があります。
そんな時に一言「荷物持つよ」と言ってあげると好感度は高いでしょう。

■ドアを開けてあげる

お店に入る際などはドアを男性が開け女性を通してあげましょう。ただ、この時に女性を先に入れるのではなく、自分が入った後でドアを手で押さえて通してあげるようにしてください。
特に食事で予約などをしている場合は先に入った女性がまず店員から声を掛けられる形になってしまいますので、自分が先に入るほうが女性にとってはスマートです。

■エレベータでは女性を後に入れ、先に出す

エレベータの場合は操作を男性がするということを考え、ドアが開いたらまず男性から入りましょう。この時に手でドアが閉まらないようにするよりは開ボタンを押しておくほうが女性にとっても安全です。
出る際も同様に男性がボタンを押し女性を出してあげましょう。
ちなみにエレベータに乗る際は操作をする人間の後ろが上座となります。

■エスカレータの昇りは男性が後ろ

エスカレータに乗る際は昇りの時は男性が後ろになり、逆に下りの場合は男性が前に乗るようにしましょう。
これはエスカレータでの転倒防止の為で、特にヒールを履いている女性に対しては必要な配慮です。

■ヒールの女性には肩を貸す

坂道や点字ブロックなど道の状態によってはヒールは脚を取られやすいものです。
男性はヒールを履きませんので意識が薄いですが、こういった部分も意識して転倒防止の為に肩を貸したり、手を取ってあげるといいでしょう。

■基本的には食事の際は女性を上座に

食事をする時には基本的には女性を上座に座らせましょう。ただ場合によって上座がイスで下座がソファ席になっていることもありますので、そういった場合は女性をソファに座らせてあげるほうがいいでしょう。
又、店の構造によっては上座のほうが店員との対応をしないといけない場合などもあるので、そうした場合も上座に拘らず女性が店員との対応をしなくて済むように座らせてあげるほうがベターです。

■会計は男性が持つ

これは基本的なことですが、時と場合にもよりますし、年齢などを考えても絶対ということではありません。
ただ、やはりできることなら男性が大目に出すなどの配慮は必要でしょう。

■タクシーでは男性が先に乗る

レディファーストと聞いて、女性を先に乗せてしまう男性が多いですが、後の支払や車内を奥まで移動しないといけないことを考えると男性が先に乗るほうがいいでしょう。

■車道側を歩く

二人で道を歩く際、男性は車道側を歩くようにしましょう。特に歩道がない車道で女性が車と接触してしまう危険を回避する為です。

いかがでしょうか?

ここに挙げたのはほんの一例ですが、こうした事を自然にできるようになればかなり女性からの好感度は高くなります。

最初にお伝えしたように、日本人の男性は全般的にレディファーストが苦手と言われています。という事はしっかりとレディファーストができるようになると他の男性と大きく差をつけることができるということです。

こうした女性への配慮や気遣いは方法を知っているだけでは意味がありません

日頃から経験をしておくことで、いざという時スマートに女性をエスコートができるようになるものですので常に意識し、実践することが大切です。

【出会いの数 = 恋愛経験値】⇒モテるには出会いを増やす

出会いの数が多い男性、女性ほどモテるという理論がありますが、これは間違いありません。勘違いしないで欲しいのは「モテるから出会いが多い」のではなく、「出会いが多いからモテる」という事です。

でも私生活の中で出会いが少ない…という方は非常に多いかと思います。
そうした出会いの少なさを補う為にも当サイトでは以下のアプリをおすすめしています。

Pairs

⇒Pairsの詳細はこちらから

今やマッチングアプリを使った出会いは、職場での出会いに次いで2番目に多い出会いの場となっています。

その中でも特に「信頼性」と「出会いやすさ」が抜群のアプリはPairs。 国内では恋活、婚活系のマッチングアプリとして実績はNo.1で、最も出会いに強いアプリとなっています。

  • ブランディングから真剣な恋人募集が多い
  • 毎日5,000人を超える登録があり、累計は800万人以上
  • 10万を超えるアプリ内コミュニティが存在

「日頃出会いが少ない…」「理想はあるけど、それに近い異性が傍にいない…」「もっとモテるようになりたい…」

もし、そんな気持ちを少しでも持っているならぜひ試してみてください。
あなたにとっての素敵な相手がきっと出会いを待っています。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ランキング投票にご協力して頂けたら幸いです

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

素敵な出会いを探したいなら…


スポンサードリンク