モテる男とモテない男の違いとは?女性の本音を理解しモテる男になる方法

menu

恋愛心理研究所 | 女性を落とすモテる男のテクニック

恋愛上級者向け:女性を依存させる為のテクニック

モテ会話マスタープログラム 会話力ゼロから駆け上がる!2万人の男性が絶賛

「自我関与」という言葉をご存じでしょうか?難しい言葉のように感じますが、これは恋愛においてなくてはならないものです。

わかりやすく言えば、あなたにとても好きな人ができた時、仕事をしている時も家でご飯を食べている時も自然とその相手のことを考えてしまっていますよね?

これを「自我関与が増える」と表現します。

このブログの過去の記事で何度も「相手にどれだけ自分のことを考えさせるかが大事」だということはお伝えしてきましたが、まさにそれが「自我関与」ということになります。

そして今回のテーマである相手を依存させる為のテクニックにはこの「自我関与を増やす」ということがとても重要なのです。

ではまずは人が人に対して依存してしまう理由をみていきましょう。

恋愛依存のタイプ

恋愛で依存するタイプの人というものがいると思います。
ここではその中でも「共依存」というものについて説明をします。

一般的に恋愛で依存させるというのはこの「共依存」と捉えられています。
この「共依存」とは、相手いないとダメ、必要とされたがる、常に世話を焼いてしまうなどみなさんが恋愛依存ときてパっと頭に浮かぶイメージの依存と言っていいでしょう。

こうした「共依存」になってしまう原因というのは、大きく言えば喜びと悲しみや快感と不快感など正反対の感情を交互に与え、気持ちを揺さぶることで起こります。

例えばDVをする男性に対して別れらない女性の心理はまさにこの「共依存」です。
こうした女性に話を聞くと大抵は「DVを受けて辛いはずなのに、そのあとはすごく優しくしてくれるから…」という回答が返ってきます。

これはまさに喜びと悲しみ、快感と不快感を交互に与えられることで「共依存」となってしまっていると言えます。

女性を自分に依存させるには?

依存を作り出す上で正反対の感情を交互に与え、感情を揺さぶるということはお分かり頂けたでしょうか?
中には病的なまでの「共依存」もありますが、少なからず恋愛においては誰しもこの「共依存」という状態にあると言えます。

結果としてそうなっていくというケースがほとんどですが、意図してその「共依存」を作り出すということができます。

もちろんテクニックに関しては原因として挙げた「感情の揺さぶり」が必須ですが、その為にはまず自分のことを考えさせる時間を長くする「自我関与」を増やさなければいけません。

この「自我関与を増やす」テクニックとしては、相手に頼みごとをする、常に相手の目に入るような物をプレゼントする、物の貸し借りをするなど、こちらのことを意識せざるを得ない状況を作り出してあげることが有効な手段です。

この「自我関与」を増やす為の準備段階は常に相手に優しく、メリットのある人間でいるように心がけてください。そして相手の中で「自我関与」が増えてきた時を見計らい、対応を一変させます。

すると、相手の心の中では既に「自我関与」が増えていますので、今までのいい人であるプラスの自分と対応を一変させたマイナスの自分が交互に相手の感情を刺激します。わかりやすく言えば、相手の中にいい人のイメージを植え付け、それを壊すような冷たい人のイメージを与えていくのです。

こうすることで更に「自我関与」が増えていき、更に「自我関与」が増えることでプラスの自分とマイナスの自分が相手の心の中で勝手に大きくなり感情を揺さぶり始めます。

この時、実際に対面する場合の対応としても同様に優しくする時もあれば冷たくする時もある、というように交互に相手に正反対の感情を与えていきましょう。

ただ、この時に注意すべき点は冷たいイメージを与えすぎてしまうと相手の気持ちが離れてしまいかねないことです。大抵の男性はこれがうまくできません。プラスとマイナスが5:5ではなく7:3や6:4程度で与えられると相手の気持ちも離れずに依存度が増していくので、この点には注意しましょう。

このテクニックは知識として知っているだけでは使うことは難しいものです。
実際にヒモ男と呼ばれるような男性は知らずのうちにこうしたことができてしまっている典型と言っていいでしょう。

また、相手を本当に好きになってしまった場合、自分自身の感情のコントロールが難しくなる為にこうしたテクニックは成功しづらくなってしまいます。

これはあくまで女性を落とす手段の中でも上級向けで、本当にたくさんの女性からモテたい、女性を自分の思い通りにしてみたいと考える人にのみ参考にして頂けたらと思います。

【出会いの数 = 恋愛経験値】⇒モテるには出会いを増やす

出会いの数が多い男性、女性ほどモテるという理論がありますが、これは間違いありません。勘違いしないで欲しいのは「モテるから出会いが多い」のではなく、「出会いが多いからモテる」という事です。

でも私生活の中で出会いが少ない…という方は非常に多いかと思います。
そうした出会いの少なさを補う為にも当サイトでは以下のアプリをおすすめしています。

Pairs

⇒Pairsの詳細はこちらから

今やマッチングアプリを使った出会いは、職場での出会いに次いで2番目に多い出会いの場となっています。

その中でも特に「信頼性」と「出会いやすさ」が抜群のアプリはPairs。 国内では恋活、婚活系のマッチングアプリとして実績はNo.1で、最も出会いに強いアプリとなっています。

  • ブランディングから真剣な恋人募集が多い
  • 毎日5,000人を超える登録があり、累計は800万人以上
  • 10万を超えるアプリ内コミュニティが存在

「日頃出会いが少ない…」「理想はあるけど、それに近い異性が傍にいない…」「もっとモテるようになりたい…」

もし、そんな気持ちを少しでも持っているならぜひ試してみてください。
あなたにとっての素敵な相手がきっと出会いを待っています。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ランキング投票にご協力して頂けたら幸いです

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

素敵な出会いを探したいなら…


スポンサードリンク