モテる男とモテない男の違いとは?女性の本音を理解しモテる男になる方法

menu

恋愛心理研究所 | 女性を落とすモテる男のテクニック

もう一歩!好きな相手と距離を縮める方法

恋愛の中でどうしても一歩を踏み出せないといった経験をしたことはあるでしょうか?

肉食系と言われるような自らガツガツといくタイプの男性ならばそうしたことはあまりないかも知れませんが、特に女性に対して苦手意識がある場合や、会社内などのコミュニティで人の目が気になり勇気がでないといった場合などは一歩踏み出せないということが多いでしょう。

そのような時にどう対処するべきかみていきましょう。

一歩踏み出す為に必要なこと

よく恋愛が苦手、女性が苦手な人というのは一歩踏み込むことで相手から嫌われてしまうんじゃないか、断れたらどうしようとネガティブな考え方をします。

そしてそのようなネガティブな考え方をすることで、より意中の女性に対して距離を詰めることができなくなってしまうのです。

こうした人がまずするべきことは「考えすぎないこと」です。

以前の記事などでもお話していますが、好きになり入れ込みすぎてしまうと正常な判断ができなくなり、事実とは違う自分勝手な方向へと解釈が進んでしまいます。

そしてそうした状況の男性が陥りやすい状態として、一歩距離を縮めるためにどのようにアプローチをするべきか考えます。

もちろん距離を縮めるためにアプローチすることは重要なのですが、恋愛は自分一人ではなく相手がいて初めて成立するものです。自分勝手な考えでは話にならないのは当然ですよね?

つまり、相手との距離を縮めるために自分がどう行動するべきかということだけを考え、結果として相手の気持ちを無視してしまった行動をしてしまうということです。

このような状態になるくらいなら、その分よく相手を観察し、相手の話を聞くというほうがよっぽど相手との距離を縮めるには効果的です。

その上で冷静な判断のもと、相手を食事に誘ってみる、デートに誘ってみるなど次のアクションに移すようにしましょう。

男性は距離を縮めたいと思うと、つい焦って行動してしまいがちですので、常に考えることは自分がどう行動するのかということよりも、相手の女性がどう考え、どうして欲しいのかを感じとれるようによく観察しておくことが大切です。

距離を縮めるためには二人きりの時間を作る

これは当然のことですが、多人数でいるよりも少人数、理想としてはやはり二人きりの時間を作ることが重要です。

今までにそうした時間がなかったのならまずは短い時間の食事から始めるといいでしょう。

どうして食事かというと、最初からデートなどを計画しても、お互いに気を使いかえって疲れてしまいますし、長い時間を一緒にいるということは、それだけ失敗などをしてしまう可能性も高くなります。

それよりは短時間でしっかりと会話ができる食事がおすすめということです。

食事の誘い方として、スマートに「今度ご飯行かない?」と誘うことができればいいのですが、一歩距離を縮められない場合というのはそうした誘いができない状態が多いでしょう。

そうした時には何か頼みごとをして手伝ったお礼にご飯に誘うなど、何かしらの理由をつけてあげるとスマートに誘うことができます。

距離を縮めたいと思うのであれば、このように食事などに誘い徐々に距離を縮めていくのが最もベターです。

男性は一気に距離を縮めようと考えてしまいがちですので、その気持ちを堪え、女性の気持ちを考えつつ焦らずに行動することを心がけましょう。

【出会いの数 = 恋愛経験値】⇒モテるには出会いを増やす

出会いの数が多い男性、女性ほどモテるという理論がありますが、これは間違いありません。勘違いしないで欲しいのは「モテるから出会いが多い」のではなく、「出会いが多いからモテる」という事です。

でも私生活の中で出会いが少ない…という方は非常に多いかと思います。
そうした出会いの少なさを補う為にも当サイトでは以下のアプリをおすすめしています。

YYC

⇒YYCの詳細はこちらから

今やマッチングアプリを使った出会いは、職場での出会いに次いで2番目に多い出会いの場となっています。

その中でも特に「信頼性」と「出会いやすさ」が抜群のアプリはYYC。
国内では恋活、婚活系のオンラインマッチングサービスとして実績はNo.1で、最も出会いに強いアプリとなっています。

  • 登録者数は国内最大の1,400万人を突破
  • 信頼度抜群のmixiグループ運営で安心、安全
  • 新規登録者は毎日4,000人以上

「日頃出会いが少ない…」「理想はあるけど、それに近い異性が傍にいない…」「もっとモテるようになりたい…」

もし、そんな気持ちを少しでも持っているならぜひ試してみてください。
あなたにとっての素敵な相手がきっと出会いを待っています。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ランキング投票にご協力して頂けたら幸いです

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

素敵な出会いを探したいなら…


スポンサードリンク