モテる男とモテない男の違いとは?女性の本音を理解しモテる男になる方法

menu

恋愛心理研究所 | 女性を落とすモテる男のテクニック

女性への特別扱いの仕方、ウソ?ホント?

女性は特別扱いに弱い

なんて聞いたことありますか?

こうした恋愛心理のブログや教本には大抵そう書いてあります。

果たして本当にそうなんでしょうか?

確かに人間誰しも自分だけ特別にということは嬉しいものです。でも、この特別扱いを鵜呑みにして、狙った女性にただ優しくしたりしているだけじゃダメなんです。

どういう事かと言うと…

女性によって特別扱いの方法が違う

という事です。

この違いは大きく分けるとモテる女性とモテない女性に分けられます。

モテる女性への特別扱い

はっきり言ってモテる女性というのは特別扱いされる事に慣れています。理由は色々な男から特別扱いを受けているからです。

よくよく考えたらそうでしょう。例えば綺麗な女性は自分が望む望まないに関わらずたくさんの男性から言い寄られ、その度に優しくされます。ですので、こうした優しくされるという特別扱いには慣れてしまっている場合が多いんです。

では、こうした女性に対してはどう特別扱いをすればいいのでしょうか?

答えは他の男性の逆をいくことです。

他の男性はその女性に気に入ってもらいたいからと、優しくし、わがままを聞き、常に言いなりのような状態になっています。そんな中で一人だけそっけない態度を取ったらどうでしょうか?

優しくされる事や、自分のわがままを聞いてもらうことのありがたみが薄らいでしまっている状態な訳ですから、そこを敢えてそっけない態度を取ることで他の男性とは違うという印象を残すことができます。

そして何よりも効果があるのはその女性を「いじる」ことです。もちろんいじると言っても悪意のあるいじり方ではありません。

そして大事なのがいじった後に必ず褒めてフォローをすること。これがないと女性からしたらただいじられただけで不満ですし、当然嫌な気持ちになります。

例えば、最近前髪をぱっつんにしている女性が多いですが、そんな子に対して、

「その髪型アラレちゃん意識でしょ?(笑)」

と軽くいじった後で、

「でも、ぱっつんにしてる子って女の子らしくて可愛いよね。よく似合ってるよ♪」

こんな形で「いじる」→「褒めてフォロー」という順番で攻めましょう。

こうしたアプローチはただ褒めているだけより、はるかにお互いの距離が縮まりますし、褒めに対する効果も大きいです。

モテる綺麗な女性に対して、大抵の男性は嫌われたくない気持ちが先行し、ただ褒めるというパターンになりがちなので、こうしたアプローチで他の男性との差別化を図りましょう。

モテる女性を落とす際に大事なことはみんなと同じ行動をしないという事です。

モテない女性への特別扱い

これは単純にモテる女性とは違い、そうした特別扱いされることに慣れていませんので、できる限り分かりやすい形で優しくしてあげることです。

荷物を持ってあげることや、元気がなさそうにしていたら話掛けてそれを聞いてあげるなど、本当にわかりやすい形での特別扱いです。

ただ、この時に下心が丸見えになってしまうような接し方をしてはいけません。モテない女性というのは免疫がないことも多いので、男性に対しての警戒心が強いです。

ですので、そうした警戒心を煽らないよう注意する事が大事です。

このように女性への特別扱いといっても、その相手の女性によって接し方は大きく変わってきます。
まずは相手の女性がどれだけ男性慣れしているか、どの程度経験があるのかなどを見極めてからアプローチを掛けるよう心がけましょう。

【出会いの数 = 恋愛経験値】⇒モテるには出会いを増やす

出会いの数が多い男性、女性ほどモテるという理論がありますが、これは間違いありません。勘違いしないで欲しいのは「モテるから出会いが多い」のではなく、「出会いが多いからモテる」という事です。

でも私生活の中で出会いが少ない…という方は非常に多いかと思います。
そうした出会いの少なさを補う為にも当サイトでは以下のアプリをおすすめしています。

YYC

⇒YYCの詳細はこちらから

今やマッチングアプリを使った出会いは、職場での出会いに次いで2番目に多い出会いの場となっています。

その中でも特に「信頼性」と「出会いやすさ」が抜群のアプリはYYC。
国内では恋活、婚活系のオンラインマッチングサービスとして実績はNo.1で、最も出会いに強いアプリとなっています。

  • 登録者数は国内最大の1,400万人を突破
  • 信頼度抜群のmixiグループ運営で安心、安全
  • 新規登録者は毎日4,000人以上

「日頃出会いが少ない…」「理想はあるけど、それに近い異性が傍にいない…」「もっとモテるようになりたい…」

もし、そんな気持ちを少しでも持っているならぜひ試してみてください。
あなたにとっての素敵な相手がきっと出会いを待っています。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ランキング投票にご協力して頂けたら幸いです

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

素敵な出会いを探したいなら…


スポンサードリンク